07.06.06(水) 佐藤優・大宅壮一賞受賞を祝う会

 午前中、事務所で資料整理。印西警察と打ち合わせ。12:20、草深の習志野C.C.で印西ロータリークラブ入会式。たくさんの会員の前で、役員さんより「祖父、父に続いて三代の入会」とご紹介頂く。ありがたいお話しであり、人の御縁を大切に感謝の心を持ち続けたいと思うものである。14時、事務所に戻り来客の対応。
 16時、NT中央から東京へ。18時、神楽坂の日本出版クラブ。「佐藤優・大宅賞受賞を祝う会」へ。新潮社、文藝春秋、講談社、小学館、岩波書店の月刊誌編集長さんらと共に発起人の一人として出席。約200名の佐藤さんに近いマスコミ、出版関係者が集まり、大いに盛り上がる。鈴木宗男代議士の挨拶、新潮社・佐藤隆信社長の“乾杯”に続き発起人代表としてスピーチをする。2002年の佐藤優逮捕から5年で印象に残ったことや、鈴木宗男代議士との出会いについてお話しする。印西から同行の米井重行さんや司会を務めた新潮社・伊藤幸人部長からも「良かったですよ。滝田さんも政治家らしくなってきましたね。」と声をかけられ少々照れる。メインで行われた佐藤本人のミニ講演会も素晴らしく、聴衆を魅了した。20:30、お開き。普通、この手のパーティでは政治家のものも含め、途中退席が相次ぐ。しかし、今日はほとんどの方が帰らずに残って頂いた。本当にありがたい。
 21時から、飯田橋の別会場で意見交換会。鈴木代議士をはじめ多くの方々が参加。人生や哲学、宗教、政治や経済について大いに語り合う。私は、マスコミ・出版関係者に対し鈴木代議士が北海道をアピールされるのと同様に、印西と千葉県をPRする。もちろん、舟運事業や骨董市、消防団についても・・・。楽しい一時を過ごせた。感謝・感謝である。25時、帰宅。
by takinowa | 2007-06-06 09:27


<< 07.06.07(木) 国道3... 07.06.05(月) >>