18.01.08(月) 貴乃花 日本相撲協会理事解任へ❗️ / 宮内区新年会

 新年早々、大きなニュースが続いた。
 星野仙一 元中日ドラゴンズ監督の訃報に驚く。まさしく昭和を飾ったNPBのスターだったし正直に云えば、ONに歯向かった憎らしい敵だった。はっきり云えば、大洋の平松やサンケイの松岡弘、広島の外木場、巨人の堀内恒夫、そして阪神の江夏豊と比べれば凡庸な投手だったと思う。しかしながら、闘志むき出しのプレイスタイルが多くの国民の心を掴んだのも事実である。心から御冥福をお祈りします。
 そして、何と云っても一番のビッグニュースは貴乃花親方の日本相撲協会理事解任だった。池坊 同協会評議会議長の「忠実義務を怠り… 著しく礼を欠いた」という会見の言葉は明快だった。そもそも、貴乃花同協会巡業部長(45)は公益財団法人 日本相撲協会最高幹部の一人。元横綱は八角理事長から任命され序列第3位の立場であった。現体制下で八角理事長はじめ役員とスクラムを組んで、暴力根絶の先頭に立っていたはずだった。しかも、自分が巡業部長として責任者だった鳥取での事案を、警察にだけ報告し協会へ報告しなかったのは言語道断。一方、加害者(日馬富士)側の伊勢ヶ濱親方と被害者(貴の岩)側の貴乃花親方と処分が同じということに対し、週刊誌マスコミやワイドショー識者らが頓珍漢なコメントをしている。ネットも騒々しい。まさに御門違い、もう面倒くさいし書く気もしない。要は、私的感情を優先して公的責務を果たさずに放棄した貴乃花はアウト。難しい話でも何でもなく、相当に薄っぺらな組織原則と云った形式論理の話なんですよ。改革や相撲道がどうのこうのとか、ガチンコのイメージが貴乃花には先行しているが、彼の言動或いは黙秘が国技大相撲を傷付けたことは紛れも無い事実。突き放していえば、自分の粗相を棚に上げて、マスコミと連動してのクーデター(=政治的権力闘争)に過ぎなかった。その割には、あまりにもインテリジェンスが欠損している。
f0035232_18291043.jpg
 終日、事務所で仕事。午後から、雨降り。鹿黒の嶺久庵でランチ。たぬき蕎麦(800円)を食す。心も身体も温まる( ◠‿◠ )
 15時、宮内区新年会で年始御挨拶と県政報告。毎年御招待頂き、清酒を酌み交わせる幸せを感じる。農業や環境について大いに談じ合った。
 17時半、帰宅。相当呑んだので三日連続で酩酊状態となった。御終い
 流通経済柏高、天晴れ全国高校サッカー準V。
 夜、読書。超酔っ払っていて、なかなかページが進まない(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
by takinowa | 2018-01-08 22:32


<< 18.01.09(火) 民進党... 18.01.07(日) 印西市... >>