17.07.20(木) 千葉県農林水産部への要望活動

 8時、印西を出て県庁へ向かう。
 10時~11:15、吉岡敏夫・元印旛村長(印西市名誉市民)、佐藤榮一・元印旛村長、印西市農政課長、同農業委員会事務局長による千葉県農林水産部への要望活動にアテンド。これまで何度も地元要望活動に御付合いしたが、どちらかと云えばCEREMONY系がほとんどだった。しかしながら本日の要望は、かつて経験したことない程、肩に力が入る許認可の交渉となった。具体的内容については現時点で書けないが、今後印西市において再度検討がなされ、県とは継続して話し合うこととなる。もちろん、地元選出県議として自分もコミットする案件になるが、かつてない程の難易度だ。それにしても、地元大重鎮の御両人には頭が下がる。公益のため、無私の精神で千葉県や地元市の行政と向き合っている。印西の議員先生方にも是非見習ってほしいと思うのだが。。。私としても相当の覚悟を決め、気合を入れねばならない。
f0035232_214528.jpg
 12時半、県庁を出て印西へ向かう。
 14時半、事務所にもどり仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 17時半~20時、地元会合で御挨拶と県政報告&暑気払い。
 21時、帰宅。夜、読書。御終い

 連日のYahoo! News 見出しは、まさしく女性が主役だ。豊田まゆ子・代議士、上西小百合・代議士、蓮舫・民主党代表、小池百合子・都知事、稲田朋美・防衛大臣、そして松居一代さん、と。もっとも、女性活躍とは異質な現象ではあるが。。。(-。-;
 私はそもそもサヨクの主張する男女共同参画などは底の浅い理屈であり、女性を記号化する物言いはナンセンスと考える。ただし、保守の立場からの根源的男女同権主義者でありフェミニストと自認しているが。で、一般論として生物学的に筋力の違いはあるが、男女に能力の差異はない。もっと云うと、人間として男だろうが女だろうが、立派な人は立派であり、変な人は変な人なのだ。そして、その比率は男女とも、ほぼ同じと考える。もっとも、合理的でない制度や露骨な差別は改善されなければならない。性の商品化や弱いものイジメもダメなものはダメで理由を説明する必要もなし。と云ったところで要は、男女を巡る議論はそれ以上でも、それ以下でもないのだ。
 いずれにせよ、党派やイデオロギーを超え、男女に関わりなく目を覆い耳を塞ぎたくなるような話題が日々供給され続けている。
by takinowa | 2017-07-20 21:55


<< 17.07.21(金) 千葉県... 17.07.19(水) 手賀沼... >>