17.07.18(火) 生活バスちばにう新規二路線開通 / 千葉NTメガソーラー竣工式

 10時、千葉NT中央駅北口Rotary前広場。生活バス・ちばにう新規2路線の事業開始式に出席。関係者の皆様へ祝辞を申上げ、テープカット。住民のニーズを掴み、地域への貢献と利便性向上のため事業が益々発展することを心から願う。
f0035232_22232516.jpg
 10:45、千葉ニュータウン・メガソーラー発電所竣工式のテープカット。森田健作知事も出席。私は式典に出たからと云って、おべっかを使うつもりはない。で、来賓紹介をされた際に「地元地域の環境に十分配慮した20年間の責任ある維持管理をしっかりと御願いしたい」と少々長目で異例の挨拶を行った。猛暑にも拘わらず一瞬、舞台上の空気が凍ったような気がした。
f0035232_22191276.jpg
 いずれにせよ、本事業については環境への具体的配慮(抽象的イメージではない!!)がなされるかどうか、地元県議として厳しく監視して参りたい。万が一にも、住民から苦情が出るようなことがあってはならない。
 午後、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。
 印旛郡栄町と印西市で先週新聞折込のあった某県議の政治ビラについて相談があった。やはり、高校の固有名詞を出して、恰も何事かあったかのような内容で当惑しているとのことだった。
 夕方、蓮舫・民進党代表の記者会見をネットで見る。一瞬、理路整然としているようだったが、よく聞けば噴飯物で論外の内容。家族と云う私的な話に始まり、人権や差別問題一般へと論点をずらそうとする魂胆が見え見え。そもそも、公党のトップとして国防の最高責任者(総理)となる蓋然性の高い立場の人間の二重国籍問題が全てだ。私的な話や人権問題でも何でもなく、公人として自分の手続きミスをサッサと非を認め謝罪するなり、証拠の公文書を出せばいいだけの話ではないのか。いずれにせよ、過剰な自己愛により何かを勘違いしているのではないのか。
 もっとも、蓮舫氏のような方が党首を務めているせいで、自民党も緩み切ってしまった。民主党が政権の座から転落し、安倍政権で自民党が圧勝し続けたため、国民から支持されていると勘違いしてしまったのである。結局、東京のようにモンスター的POPULISTが登場すると、自民もガタガタになってしまうのが現実だ。
 20時、帰宅。夜、読書。御終い

 とにかく、地元神社の祭礼も無事終わりホッと一息の思いだ。まさにBarnout、燃え尽きた感じです。心機一転、政治モードに切り替え猛暑を乗り切りたい。
by takinowa | 2017-07-18 22:20


<< 17.07.19(水) 手賀沼... 17.07.17(月) 六軒厳... >>