17.05.31(水) 「東京五輪費用負担 大筋合意」、何を今更(>_<)

 「東京五輪の費用分担 大筋で合意」(NNN 14:55配信)との報道が各社一斉に流れた。このことについてはH28年12月県議会自民党代表質問(質問者:滝田)に対し執行部から答弁のあった「立候補ファイルに基づく」と云う大原則が確認されたため、森田健作知事が合意したものと了解する。
 近代市民社会における民主主義は「約束を守る」と云う前提で成り立っている。「都民ファースト」を掲げる小池都知事の登場以降、国や組織委員会、道県との関係もしっくりいっていない。そもそも東京五輪の主催は東京都と五輪組織委員会である。千葉県をはじめとする道県は本来ならば都内で開催すべきものを、頼まれて協力すると云う立場なのだ。
 五輪会場のドタバタ劇や豊洲移転を巡る迷走に続き、小池劇場の波紋(お騒がせ)が既に決定済みのはずだった費用負担にも拡がってきたに過ぎない。いずれにせよ、大義もなく無理筋の話には交渉の余地などない。「立候補ファイル」と云う原則に基づき、千葉県も五輪会場となる恒久施設整備を粛々と実施すればいいのだ。
 話は変わるが、小池百合子・東京都知事が地域政党「都民ファーストの会」代表に就任されたとのこと。二項対立の争点=勧善懲悪の構図ができないまま都議会議員選挙へ突入することが確実となり、小池劇場の主役自ら選挙の顔になるらしい。で、ウケるのは東京10区補選で当選した自民党の若狭代議士が離党届を提出する(した?)らしい。もはやコメントにも値しないし、「どうぞ御自由に」としか思えない。いずれにせよ、何の信念も思想もなく、政局を巧く立ち回って生き延びようとするさもしい根性が透けて見えイタイ(>_<)。

 午前、事務所で仕事、来客の応対。
 11:15、印西を出て県庁へ向かう。
 13時~15時、一般質問準備のための政務調査活動。県土整備部、健康福祉部、環境生活部、防災危機管理部、総合企画部、教育庁、県警本部の順でヒアリングと資料請求。明日の自民党議員総会で了承されれば、6月定例会で24度目の登壇が決定する予定だ。
 15時~15時半、農林水産部耕地課と明日の常任委員会勉強会及び現地調査(視察)に関する打合せ。
 15:45、県庁を出て印西へ。
 17時半、事務所にもどり残務処理。
 18時、地元会合で御挨拶と県政報告。アルコールの摂取は控え目とした。
 20時半、帰宅。夜、読書。御終い

      5月に読んだ本:8冊
〇 「 プラハの憂鬱 」 佐藤 優 著 / 新潮社
〇 「 沖縄は未来をどう生きるか 」 大田昌秀 × 佐藤 優 / 岩波書店
〇 「 沖縄と差別 」 佐藤 優 著 / 金曜日
〇 「 『公明党』論 」 佐藤 優 著 / 第三文明社
〇 「 『資本論』を読む 」 佐藤 優 著 / 角川新書
〇 「 性と国家 」 北原みのり × 佐藤 優 / 河出書房新社
〇 「 こころ 」 夏目漱石 著 / 新潮文庫
〇 「 菜の花の沖(二)」 司馬遼太郎 著 / 文春文庫f0035232_21501676.jpg

今月は佐藤優を印西に招いてのトークライヴを実施したため、先月から佐藤の著作15冊を集中して読んだ。

by takinowa | 2017-05-31 22:21


<< 17.06.01(木) 農林水... 17.05.30(火) 「都... >>