17.04.02(日) 千葉県立房総のむら&印旛沼公園 さくら祭り / 国際医療福祉大学

 朝、印西市を出て印旛郡栄町へ向かう。途中、栄町布鎌(中谷地先)の利根川堤防では春を告げる県花・菜の花が満開。蝶が舞い土手一面、鮮やかな黄色一色で心が洗われるようだった。地元の人にとっては普通の景色かも知れないが十分、立派な観光資源と思う。田舎には田舎なりの良さがある。あらためて地元・印旛の自然の美しさを認識した次第である。
f0035232_14452585.jpg
 午前、千葉県立房総のむら・さくらまつり。選挙区内印旛郡栄町龍角寺の県立体験型博物館として大人気の観光スポット。本ブログやFacebookで今後イベント等を頻繁に取り上げて参りたい。で、成田空港からも約30分のロケーションは成田山新勝寺や小江戸・佐原とともにインバウンド向けの目玉施設だ。とにかく入場料が破格の安さ(300円、高・大:150円、中学生以下・65歳以上:無料、年間passport:1,500円)であり、コスパ的にも満点。外国人観光客の旅の楽しみ方も中国系爆買いと云った一昔前の<モノ>消費から、文化的体験の<コト>的時間消費へと質的に変容しつつある。
f0035232_1449843.jpg
 本日も各種体験イベントが実施され、近郷近在からの家族連れで大いに賑わっていた。
 ちなみに、見頃の満開は少し先といった感じ。来週もう一度訪れたい。桜の写真はその時UPします。栄を出て北千葉道路を利用し印旛へ。
 12時半、千葉県立印旛沼公園・さくら祭り。地元・師戸(もろと)区実行委員会の皆様と交流。こちらも満開は少し先。
 それにしても、公園・師戸城址から印旛沼の眺望が実に美しかった。朝から昼にかけて広くなった地元選挙区を廻り多くの有権者と語り合うことができた。美しい自然と人情に接し、あらためて地元への愛を実感した次第である。
 13時、成田市文化会館で国際医療福祉大学医学部・開設式典が行われた。成田市と同大学が共同で内閣府の国家戦略特区制度により国内では38年ぶりとなる医学部新設となった。千葉県も深刻な医師不足対策として、同大学へ35億円の補助を決定した経緯がある。本県医療福祉向上への貢献を大いに期待するものである。
 16時、山武郡横芝光町で實川 隆・県議「県政報告会」に出席。
 県庁職員も大勢参集し実川県議の人気を実感した次第である。
 19:50、JR総武本線・横芝から特急しおさいで佐倉へ。
 20時半、家内に佐倉まで迎車させ印西へ。
 21時半、帰宅。夜、読書。リア充と云うよりも結構草臥れました(-_-メ)。御終い

 池上 彰 × 佐藤 優 「 最強の読み方 」(東洋経済新報社・1,400円)を読む。 新聞、雑誌、ネット、書籍、教科書・参考書の利用術と情報収集の技法についての対談本。まずは知的基礎体力強化のため「ネット断ち」から実践して参りたい。
by takinowa | 2017-04-02 23:39


<< 17.04.03(月) 鳥イン... 17.04.01(土) 小林牧... >>