15.08.04(火) ちば自民党・児童虐待防止対策 PT 視察研修

 6:20~7:40、北総鉄道印西牧の原駅で朝の御挨拶と拡声器を使用しての県政報告、「県議会Report」の配布活動。暑さに負けず無事終了。7:45、印西を出て県庁へ向かう。
f0035232_21413170.jpg
 9時、自民党・児童虐待防止対策プロジェクトチーム視察研修に政調会副会長として参加。 9:10、県庁を出発し富津市へ向かう。
 10時~12時、民間の児童養護施設「望みの門上総の里」(定員:35名)及び「望みの門方舟乳児園」を視察。施設の運営や児童相談所との連携について現地調査。夏休中の児童や乳幼児と対面し、胸が苦しくなる思いだった。また、施設長さんからも詳しく状況を伺うことができた。
f0035232_21423025.jpg
 12:15~13時、富津市金谷のフェリー乗船場近くのレストランで昼食。13時、富津を出て南房総市富浦町へ向かう。
 13時半~14時半、千葉県富浦学園(定員:76名)を視察。同学園は県内20カ所ある児童養護施設で唯一の県営だ。児童相談所からの受入れから卒園までの状況や児童・生徒が生活するユニット等について現地調査。14:45、冨浦を出て千葉へ向かう。
f0035232_21431779.jpg
 16時~17時、千葉県中央児童相談所を視察。 六カ所ある千葉県内児童相談所における児童虐待相談受付件数の推移や一時保護の状況及び業務概要について現地調査。中央児童相談所の管轄エリアは印西市、成田市、佐倉市ほか10市2町で人口は134万人。(ちなみに、千葉市は単独で児童相談所があるため県の管轄外) 本県の平成26年度児童虐待相談受付件数は5378件(対前年比:127%)と過去最高を記録して全国第3位。県内児童養護施設数:20、定員:1072、現員:967。
 関係者からのヒアリングの後、施設内を見学。で、一時保護の子どもたちとも接し、少しだけ話すことができた。児童の明るい笑顔に対し、言葉では言い表せない思いがして胸が苦しくなった。そして目頭が熱くなった。何の罪もない純真無垢な児童たちの境遇を考えると、社会の不条理と理不尽な保護者に憤りすら感じた。(万が一に備え、児童虐待の通報があった際は県警と連携し児童相談所による48時間以内の安否確認が義務付けられている。)で、世間でよく言われるような「罪を憎んで人を憎まず」などと云った気持には絶対なれなかった。ハッキリ言って、親をぶん殴ってやりたいと思った。
 今後、自民党児童虐待防止PTとして何ができるか、しっかりと調査研究し具体的な対策を講じなければならない。17時、中央児童相談所を出て県庁へ。
f0035232_21442983.jpg
f0035232_2145078.jpg
 17時半、県庁を出て印西へ向かう。
 19時半、事務所へもどり、本日の視察内容の復習。乳児や児童たちの顔が思い出され、何とも言えない心持となる。とにかく、大阪や他県であったような悲惨な虐待は絶対防止しなければならない。
 21時、帰宅。本日は早朝駅頭してから休む間もなく視察研修を行い、本来ならば草臥れているのだが、義憤に駆られ極度の興奮状態となっている。とにかく、あまりに身勝手かつ利己的な保護者を許すことが出来ない。根源的な「愛」の欠如と云う非人道の罪は、神の裁きが必要と思うものである。
 夜、読書。御終い。
by takinowa | 2015-08-04 21:51


<< 15.08.05(水) 県議会... 15.08.03(月) 暑中御... >>