15.06.28(日) 祝!印西市、印旛支部消防操法大会 6連覇(^。^)

 作家・百田尚樹氏を招いての若手自民党議員による勉強会が顰蹙をかっている。コメントにも値しない噴飯ものとしか申し上げられない。で、唯でさえ複雑な状況を一層困難な状況へと陥し入れてしまった責任は重大過ぎる。
 で、私はマスコミが大騒ぎする「報道の自由」といった表面的レベルを問題にしているのではない。そもそも、百田氏は民間人だ。どんな反知性主義的思想を持っていても、他者に危害を加えない限り発言も自由である。よって、罪深いのは政治家の方と考える。百田氏に雷同し品のない発言を行った議員は知的基礎体力の欠如、すなわち単なる無知であったに過ぎない。ただ、無知が露顕し国民に可視化されたでは済まされず、沖縄に対する偏見に基づく発言は、現下日本の国家統合を揺るがすような忌々しき事態を招きかねないということを分かっているのだろうか。このような他人の気持を全く理解しない言葉遣いとコミュニケーション能力の欠如は政治家として論外であり、自民の勉強会が引鉄となり結果的に民族問題へと発展する可能性も排除できない。更に事態が悪化した場合、日本の安全保障をも揺るがしかねない。それくらいトンデモない勉強会だったということを、参加した議員のセンセイ方は猛省すべきである。どうも最近、威勢のいい右バネの効いたことを云えば保守と勘違いしている輩が多い。そんなのは保守でも愛国でも何でもない、単なる思考停止の反知性主義とハッキリ申し上げておく。
 いずれにせよ、チルドレンだかベイビーズだか知らないが、国民はとっくに見透かしている( 一一)、その慇懃な言葉とは裏腹の驕り高ぶった根性を。。。一体、どこまで偉くなったのか、と(≧∇≦)。 で、硬直した紋切型のイデオロギー的言葉など一旦信用を失ったら、有権者からは見向きもされなくなる。要は存在論的思考に基づき、自分の言葉で政治を語らねば、自民党の明日はない。
 「狭き門」⇒「明暗」⇒「暗夜行路」⇒「斜陽」⇒「どん底」⇒「ある阿呆の一生」⇒「人間失格」・・・(≧▽≦)とならぬよう、今が踏ん張り処と思うものである。

 8時~13時、印西市岩戸・印旛西部公園。 第35回 千葉県消防協会印旛支部操法大会に出場する印西市消防団の応援。郡市7市2町代表が毎年、切磋琢磨し鎬を削るため印旛のレベルは高い。
 結果は印西市消防団(吉田地区)が見事、連覇を達成!! これで2010年の一市二村(印西・印旛・本埜)合併前の旧印旛時代を加えれば、6大会連続(2011年は東日本大震災で中止)・15度目の最多優勝記録を更新。他に生業を持ちながら地域防災に汗を流す全ての団員に、心から敬意を表するものである。
f0035232_22575557.jpg
 天晴れ❗️??、印西市消防団員の健闘を称えるものである(^○^)
f0035232_22592142.jpg
 11時~12時、印旛沼吉高排水機場。 千葉県と印旛沼土地改良区が共同で実施した特定外来植物(ナガエツルノゲイトウ)駆除事業を現地視察。 流域の物木集水路ほかに繁茂し蔓延る水草を、吉高排水機場に集め廃棄処理。県印旛農業事務所職員から作業概要と状況の説明を受ける。
f0035232_2304964.jpg
 で、実に厄介な手強い相手なんですよ!!何度駆除しても、ゾンビの如く蔓延る外来植物(≧∇≦)。千葉県と力を合わせ佐藤榮一・元印旛村長はじめ地元農家の皆様も、農地を守るため戦い続けています。
f0035232_2344227.jpg
 午後、久々にフリーとなったため床屋で散髪し、気分をリセット!(^^)!。 夕方、紅小町の郷・道の駅くりもとへ。玉蜀黍&葉生姜ほかを購入。
 19時、帰宅。 夜、読書。

 中川八洋・高田 純 共編 「 原発ゼロで日本は滅ぶ 」(オークラ出版・1429円)を読む。表現は過激だが、正鵠を射る内容だ(。-`ω-)
by takinowa | 2015-06-28 23:09


<< 15.06.29(月) 公式H... 15.06.27(土) 第33... >>