14.10.22(水) 総務防災常任委員会県外調査:コスモ石油四日市製油所

 7時半、JR成田線木下を出て東京へ。 新幹線??のぞみ??10:10発で名古屋11:50着。昼食後12時半、名古屋を出て三重県四日市市へ向かう。 四日市は本県の京葉臨海工業地域と並ぶ日本を代表する石油化学コンビナートを形成。
 14時〜16時、コスモ石油四日市製油所で「 コンビナート防災について 」のテーマで調査。 同製油所は千葉製油所と異なり、民家に隣接していることに驚く。 まずもって、地域や地元行政との連携が何より大事とのことだった。 この点、千葉県としても学ぶべき点があったと思う。 私からは長周期地震動への対策について質問。 で、自衛防災組織の内容等について詳細なヒアリングを行こなった後、100ha以上の広大な事業所を視察。 あらためて国家の根幹たるエネルギー産業の威容に圧倒される。
 17時、名古屋にもどり東京第一ホテルにcheckinn。
 18時〜、総務防災常任委員会と総務部、防災危機管理部との懇談会。
f0035232_1682838.jpg
 四日市コンビナートや木曽川・長良川の輪中ほか、中学時代に習った地理の記憶が甦ってきました。 もちろん、名古屋と云えば味噌カツ、きしめん、海老フライ・・・
by takinowa | 2014-10-22 20:32


<< 14.10.23(木)小牧基地... 14.10.21(火) 高田 ... >>