14.07.24(木) 千葉NT 「旧成田新幹線」県有地・視察 / 北千葉道路工事状況・視察

 午前、事務所で仕事、来客の応対、電☎話掛け。 県議会リポート・第21号の発送準備作業。 印西市を中心に印西市議、区長、民生委員、農業委員、商工会、JA、郵便局長会・・・等々、公的御立場の県民の方へ約600通程発送予定。 これが結構の手間である。 宛名印刷はもちろんタブロイド版・県議会リポートや複数のA4資料の折りと封筒詰め作業ほか、大変な労力だ。 もちろん、印西郵便局別納扱いで切手は貼付しないが・・・(それの方が安い)(--〆) で、どこぞの先生のように切手150万円相当の発送作業は物理的に不可能だし、一体人件費がいくら掛るかを考えれば有りえない。 
 13時~15時、千葉ニュータウン「旧成田新幹線」県有地の視察。 6/24付読売新聞ほかでも報道されたが、私の6月定例会一般質問に対し、吉田雅一・企業庁長は千葉NT掘割部の旧成田新幹線・県有地利活用について、メガソーラーに転用する方針を明らかにした。 よって、この目で現地を確認すべく、企業庁NT整備課に御願いして本日の視察となった。 普段は関係者以外立入禁止の土地だが、現地の要所要所で説明を受ける。 率直に申上げて、10~20mという幅の狭い形状だが東西10Km以上という距離に圧倒された。 また、面積は約18haで現況は雑草に覆われ荒涼としているが、大型太陽光発電所として整備されれば、成田スカイアクセス線及び北千葉道路の車窓からの景観は相当なインパクトになると感じた。 いずれにせよ、企業庁としても事業者の公募に向け熟度を高めていくことになる。 7/2付ブログにも書いたが、とにかく志を高くもって立派な成果を挙げて頂きたい。 大いに期待するものである。
f0035232_22582671.jpg
f0035232_22591018.jpg
 15時半~16時半、印西市吉高地先の北千葉道路工事状況を視察。 同道路はニュータウン区間内10.8Kmが7/15に開通し、平成28年度の供用開始を目指し現在も成田空港方面へ県と国が分担して工事にあたっている。 で、印西市の残り工事区間は県施工の3.9Kmで、印旛沼の橋梁を経て成田市へと高規格道路が通ずることとなる。 千葉県北千葉道路工事事務所の一層の御尽力を期待するものである。
f0035232_2303713.jpg
 17時、事務所にもどり仕事。 それにしても、本当に厳しい暑さだった。 視察中、眼が回りそうだった(>_<)
 21時、帰宅。 夜、読書。

 津本 陽 著 「 巨眼の男 西郷隆盛(上)」(新潮文庫・660円)を読む。
by takinowa | 2014-07-24 23:02


<< 14.07.25(金) 頑張れ... 14.07.23(水) 白幡地... >>