12.06.08(金) 放射線医学総合研究所 視察

 7時半、印西を出て県庁へ向かう。 9時、自民党会派室で打合せ。
 9:50、自民党医療議連・がん対策PTによる独立行政法人 放射線医学総合研究所(放医研)視察に参加。 重粒子治療推進棟大会議室で、明石真言・放医研理事から「放医研概要」、鎌田正・重粒子科学センター長から「重粒子(炭素)線がん治療= HIMAC = Heavy Iron Medical Accelerator in Chiba 」 のレクチャーを受ける。 10:35、がん放射線治療における世界最先端の施設、新治療研究棟を視察。 原子物理学と現代医学の叡智を結集したまさに世界ナンバーワンのがん治療が日々、放医研で行われているのだ。 また、千葉大学や県がんセンター、国立がんセンターなど県内がん治療拠点病院との連携により、千葉県民もその恩恵を享受していることがよく分かった。 年間6千名以上の治療実績があり、他都道府県と比べれば実に有難い限りである。
 正午、県庁にもどり、がん対策PTの打合せ。
 13時半、6月定例会一般質問に関する政務調査。 企業庁、総合企画部、環境部、防災危機管理部、県土整備部からそれぞれ入念なヒアリングを行う。
 17時、県監査委員で民主党県連政策委員長の竹内圭司県議から千葉ニュータウン事業及び印西警察に関することで御話を伺う。 18時、県庁を出て印西へ向かう。
 19:45、事務所にもどって政策の勉強。 23:45、帰宅。 かなり草臥れた1日でした。
by takinowa | 2012-06-09 00:11


<< 12.06.09(土) 第22... 12.06.07(木) 印旛郡... >>