11.10.28(金) 森田健作知事、印旛日医大病院 Dr.ヘリ視察に同行

f0035232_1372557.jpg森田健作知事
Dr.ヘリ
同乗
 














 8時半、日本医科大学千葉北総病院救急救命センター。 森田健作知事及び千葉県健康福祉部によるドクターヘリ視察に地元県議として同行。 本視察は県議会における公明党代表質問を受けて行われたもの。 同病院は全国28ヵ所(内 千葉県内2ヵ所)に配備されているドクターヘリのパイオニア(全国初の導入)として、救急救命医療の最先端を走っている。 TV等のマスコミで紹介されているので御存知の方も多いと思う。本日の知事視察は本県の救急・救命医療を強化する上でも、大きな意味を持つはずだ。 また、医療現場に直接出向く森田知事の行動力も大いに評価されるに違いない。  以下、森田知事の「・・・日医大千葉北総病院のドクターヘリ事業は、本県医療の誇りである・・・」という挨拶で始まった視察概要について報告する。

 〇 視察日時 10月28日(金) 9:00~10:00
 〇 視察参加者
1. 千葉県  森田健作知事、中村特別秘書、川島健康福祉部長、山崎医療整備課長、中村医療体制整備室長
2. 病 院  田中宣威院長、井上哲夫副院長、片岡ひろみ看護部長、益子邦洋・救急救命センター長、松本尚・救急救命センター准教授
3. 県 議  滝田敏幸(地元・自民党)、公明党県議団(塚定・赤間・秋林・横山)
4. ドクヘリ運航会社 朝日航洋東日本航空 青木久幸支社長 
 〇 視察・現地調査内容
 9時、会議室で松本准教授から「ドクターヘリ運用状況」のレクチャーを受ける。 これまでの問題点や課題について実に明快な説明であった。 以下、レクチャーの要約
1. 現在、千葉県ドクターヘリ運航実績(出動件数)は、1,081回(2010年:北総・751、君津・380)。 ちなみに、2002年出動件数は428回。08年の君津中央病院へ配備以来、県南方面の出動が増加中。
2. 10年間のドクターヘリ運航で、急性の疾病(脳卒中ほか)治療よりも重度外傷治療(交通事故、労災等)に有効と判明。
3. 24時間交通事故死者数(全国4863人/H22)の年次推移~人口10万人当り~では、ドクヘリ事業開始の平成13年・6.5人が平成22年・3.0人に低下。(全国平均3.8人)
4. 東葛飾方面、特に(柏・松戸)からのドクターヘリ要請件数が、交通事故死者数の割に極端に少ない。 防ぎえた外傷死亡ではなかったか?
5. ドクターヘリ格納庫設置要望、病院側から県へ
6. 日医大のドクターヘリ関連研修実績について 
 9時半~、ドクターヘリ運航管理室、運航staff待機室視察後、ヘリポートへ。 偶然にも茨城県鹿嶋市へ出動していたドクターヘリによる救急患者搬送の着陸現場に遭遇(写真参照) まさに、緊張の視察となった。 10時、現地調査終了。

 11時~終日、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 阪神タイガース次期監督(第32代)に和田豊打撃コーチの就任038.gifが決まった。 私にとって和田氏は千葉県立我孫子高校の後輩であり、今まで阪神は敵(かたき)だったが来季以降、巨人や千葉ロッテとともに応援したい。 だが、巨人・阪神戦、ロッテ・阪神戦でどちらを応援するかは、その時にならないと分からない。
 夕方から集中して読書。

   Dr.ヘリ 救急・救命搬送の緊迫した現場を視察
f0035232_1381899.jpg
f0035232_1301341.jpg松本尚・救急
救命センター
准教授から
説明を受ける

by takinowa | 2011-10-28 13:23


<< 11.10.29(土) Jap... 11.10.27(木) >>