11.09.08(木) 印西クリーンセンター 焼却灰 現地調査

 6:15~7:50、北総線印旛日医大駅で朝の御挨拶と広報活動。
 8:10、印西を出て千葉へ向かう。9時半、県庁で政務調査。
 10時、自民党県連で政調会政策審議会。県執行部から9月定例会議案及び千葉県震災復旧・復興に係る指針原案、東電福島第一原発事故に係る対処方針案の概要について説明を受ける。
 正午、議会食堂でカレー南蛮と季節のサラダを食す。 12:30、県庁をでて印西へ向かう。
 14時~16時、印西地区環境整備事業組合(印西クリーンセンター)を視察。 放射性物質を含む焼却灰の一時保管の状況と最終処分場を現地調査。 高島一郎事務局長はじめ幹部職員の方々から詳細の説明を受ける。また、8月29日に国・環境省の示した処理方針について、その課題と問題点について意見交換。
 手賀沼終末処理場と本日の現地調査で多くのことを学ぶことができた。今後も自民党政策審議委員、県議会環境・警察常任委員としてさらに、東葛飾地区4市からもヒアリングを行うつもりである。
 日々、発生する焼却灰。8月末時点で手賀沼終末処理場280㌧、印西地区環境整備組合135㌧はじめ東葛地区でも数百㌧単位で放射性物質を含む焼却灰の保管を余儀なくされている。もはや待ったなしで時間との勝負だ。どの自治体のゴミ処理行政もデッドライン、まさに死活問題となっている。千葉県環境生活部としても、裂帛の気合をもって国との交渉はもとより知恵を出して頂きたいと思うものである。
 16時半、事務所にもどり仕事、来客の対応。
 17時半、草深・船尾方面。 支援者とともに後援会連絡所看板の清掃と草刈り後、食事。
 19時半、事務所にもどり仕事。20時半、帰宅。夜、読書。

     印西クリーンセンター ゴミ焼却飛灰 現地調査f0035232_21441496.jpg

放射性物質を含む焼却灰の保管状況を
現地調査

しました(9/8)f0035232_2144429.jpg












仮保管中の
焼却飛灰付近
放射線量を
測定













f0035232_2154038.jpg固化した
焼却飛灰

(キレート処理)f0035232_2159411.jpg















責任を持って
解決します!

by takinowa | 2011-09-08 22:01


<< 11.09.09(金) 201... 11.09.07(木) 箱根 仙石原 >>