10.12.06(月) 「たきた敏幸・県政報告会」超満員御礼 / 定例県議会本会議

    「たきた敏幸・県政報告会」 超満員御礼!
 昨日の「県政報告会」は、印西市内外より約700名の参加者で大盛況となりました。特に森田健作知事、白須賀貴樹自民党13選挙区支部長、そして鈴木良紀議長はじめ県内各地より24名の県議の先生方、佐渡斉(ひとし)四街道市長、岡田正市栄町長、25名の市議の先生方・・・と、公務多忙の中、御臨席頂きました。また、師走の第一日曜の夕刻という何かと忙(せわ)しない時間帯にも拘らず、600名を超える印西市民の皆様にも御出席頂きました。支援者の尽力と人の情けに、心より感謝し御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

    「たきた敏幸・県政報告会」次第
 17:00 千葉県議会議員 滝田敏幸 入場 (入場曲「大空と大地の中で」)
 17:02 千葉県知事   森田健作 入場  (入場曲「さらば涙と言おう」)
 17:05 発起人代表挨拶 印西市特別顧問・佐藤榮一
 17:10 来賓挨拶    千葉県知事   森田健作
 17:20         党13区支部長 白須賀貴樹
 17:25         千葉県議会議長 鈴木良紀
 17:35         党県連幹事長  田久保尚俊
 17:40 印西市長挨拶          山崎山洋
 17:45 印西市議会議長挨拶       出山国雄
 17:50 特別講演    作家・元外交官 佐藤 優
 18:05 県政報告            滝田敏幸
 18:20 シュプレヒコール 党青年局長  西田三十五

〇 代表発起人
山崎山洋・印西市長、佐藤榮一・印西市特別顧問、出山国雄・印西市議会議長、吉岡敏夫・元千葉県教育委員長(特別来賓)、松本一正・自民党印西支部長、小那木武男・自民党印旛支部長、織原拯・自民党本埜支部長、川村文雄・滝田後援会長、伊藤博信・滝田後援会責任者、佐藤 優・滝田敏幸応援団長 
   
〇 滝田敏幸・県政報告の概要
 1.新印西市誕生と千葉ニュータウン事業の早期完成
 2.北総鉄道運賃の更なる値下への取組み
 3.成田・羽田の鉄道アクセス向上と東京駅乗り入れ
 4.印旛沼・手賀沼土地改良事業の推進と地産地消・印西ブランドの確立
 5.北千葉道路早期完成と東京外環道への接続
 6.安心で質の高い医療と福祉(児童・高齢者)体制の充実
 7.子どもたちの学力と道徳の向上 「教育立県・千葉」の確立
 8.地域コミュニティ力の向上と防災・防犯力の強化

 ※ 以上8項目を予定していましたが、一部時間の関係で割愛しました。

    「たきた敏幸・県政報告会」PHOTO
県政報告を行う滝田県議
f0035232_1930437.jpg

特別ゲスト・森田健作知事のスピーチ
f0035232_19332734.jpg

f0035232_19385623.jpg

鈴木良紀・千葉県議会議長
f0035232_19403119.jpg

佐藤榮一・印西市特別顧問
f0035232_19432860.jpg

開演20分前には、ほぼ満席状態となる
f0035232_19474822.jpg

心友・佐藤 優(滝田敏幸・応援団長)の特別講演
f0035232_19564498.jpg

千葉自民党青年局長・西田三十五県議のシュプレヒコール
f0035232_19581025.jpg

 17時定刻に開演し、松山千春の「大空と大地の中で」とともにホール後方から花道を通り入場した時、この4年間の政治活動を振り返り万感の思いがこみ上げ目頭が熱くなった。2分後、森田健作知事が同じように「さらば涙と言おう」で入場し、会場はオープニングで最高潮の盛り上りに達した。後は無我夢中の1時間半。終了後、ホール玄関で参加者の御見送りし、600名を超える皆様と固い握手を交わすこともできた。「たきた、ガンバレ!」とか「本当にワクワクする内容だった」、「印西市民にとって、千葉県政が本当に身近になった」、「今度は滝田県議の話す時間を増やしてほしい」・・・といった声が、直接あるいはメール・電話等でも頂戴した。本当に有り難い。
 大きな事業を一つ終え、今夜はホッと一息だが、明日からは心機一転。来年4月10日の県議選に向け、全力投球である。何としても勝たねばならない選挙であり、印西と千葉県、そして日本の大義のための闘いと肝に銘じるものである。
 いくら菅直人内閣の支持率が暴落しようと、巨大与党・民主党である。どんな地方、もちろん我が印西市にも、13区選出の代議士は私への刺客を立ててくるはず。支持率が急落しても、民主党は本当に強い。その強さの秘密は、政治的無理念&無思想にある。彼らの本質は「権力党」であり、「言ってることと、やっていることが正反対(真逆)」すなわち「発言と行動が乖離」しても平気な文化を持っているのだ。正直な話、私は怖い。とても真っ当な議論を、正々堂々とできる相手ではないからだ。まさに、政治的エイリアンを相手にするような暗澹たる気分になる。
 だが、私は逃げない。自分の人生と全人格を懸け日々、力を尽くすだけ。地域社会の弱者を援け、人と人との絆と心を大事に正直に生きたい。口先では綺麗事を並べるが、権謀術数や選挙工学、損得勘定の政治は真っ平御免である。私の追い求める<幻像の保守>とは対極だ。印西と千葉県の<草の根保守>強化のため頑張りたい。
 
 定例県議会本会議一般質問。終了後、スポーツ振興議連の総会。執行部より「ゆめ半島・千葉国体」の報告と「2011・(仮)県民マラソン大会」概要についての説明を受ける。16時半、県庁を出て印西へ。18時、事務所にもどり仕事。明日からは、完全<選挙モード>で走り続けよう!
 本日、鈴木宗男先生が収監された。未決拘留期間が差し引かれるため、刑期は恐らく一年少々の期間となるだろう。鈴木先生の一刻も早い復活を、私は一国民として願って止まない。
by takinowa | 2010-12-06 21:12


<< 10.12.07(火) 定例県... 10.12.05(日) たきた... >>