10.09.27(月)

 秋雨前線と低気圧の影響で終日、冷たい雨が降り続く。最高気温も17℃と5月30日以来、約4カ月ぶりで20℃を下回り11月下旬並みの肌寒さとなった。彼岸に入ったほんの一週間程前まで、猛暑日が続いていたことを考えると驚きである。季節の変わり目は風邪をひく方も多い。本ブログ読者の皆様におかれましては、体調管理にお気を付けて頂きたい。
 10時、JA・西印旛へ。「いんざい・御当地グルメ選手権」協賛の件で、篠田浩一・専務理事と懇談。また、地域経済活性化に向けた「農・商・工」連携の取組と農業振興についても意見交換。農家所得戸別補償制度など政府民主党の滅茶苦茶な農政を前に、「どげんかせんといかん」とあらためて思うものである。
 11時半、事務所で仕事。13時半、市商工会で11月21日に予定される商工祭実行委員会の打合せ会議。15時半、事務所で仕事。本日は夜の会合もないので、休肝日とする。
 本日は暫くぶりで、本気でもの申す。

     県議・滝田敏幸、もの申す! 是は是、非は非(54)
   【 史上稀に見る外交大失態! 頭隠して尻隠さずの「菅」外交


 自民党の麻生総理(当時)は、会合の挨拶で「未曽有(みぞう)」を「みぞうゆう」と誤読し、マスコミの常軌を逸したバッシングと国民の嘲笑に曝され支持率急落を招いた。しかし何故か、菅直人総理は許されてしまう。4年程前、神奈川県の補欠選挙で「セレブ」を「セ〇レ」と演説で言い間違え013.gif、有権者や民主党員の顰蹙をかったという記事を週刊誌で読んだ記憶があるが、その程度なら御愛嬌だ。日本時間23日に行われた国連演説で、菅総理は「国のリーダーがまず果たすべきことは、疾病、貧困、紛争といった不幸をできるだけ小さくすること。つまり最小不幸社会を作ることにある」と原稿を見ながら日本語で宣言した。 その核心部分の「疾病(しっぺい)」という言葉「しつびょう」と読む恥ずかしい誤読をやってしまったのである。しかも、菅さんは常に御自身の厚生相時代の「手柄」を自慢される方であり、大臣をされていた所管行政の基本単語を読み間違えるとは信じ難い。
 ちなみに麻生総理の時は、国会で民主党議員が意地悪な「漢字テスト」の質疑を行い、恥を掻かせるようなことを平気でやっていた。そして、それを大きく取り上げるマスコミも真っ当ではない。 政権交代に向け形振り構わずであったのであろうが、余りにも心の無い政治であったと思う。
 そして今回、菅総理の誤読=「しつびょう」を取り上げるメディアはほとんどない。それもそうであろう。 誤読レベルの話など、吹っ飛んでしまう外交大失態が24日に発生したからだ。

 尖閣諸島付近で公務執行妨害容疑で逮捕された中国漁船の船長を、那覇地検は24日、処分保留として釈放。一体全体、この国の外交は何処へ行ってしまったのか。
 とにかく、思い出してみよう。9月8日、中国船の船長を逮捕した時、岡田克也外務大臣(当時)は14日の記者会見で、「(衝突時の)ビデオを見た」と言っている。また、前原誠司国土交通大臣(当時)は、「日本の国内法に基づき粛々と対応する」と、海上保安庁の正当性を語っている。仙石官房長官も同様の発言を行っていた。
 あの時の内閣も、今の内閣も菅内閣である。同じ内閣で、なぜ正反対=180度逆の判断になったのか、ハッキリと国民に説明すべきである。「国外。最低でも県外」と言っておきながら、挙句の果てに「学べば学ぶほど、米国の抑止力の重要性を認識した」などといった言葉の遊びは、外交問題で許されるはずがない047.gif
 そもそもこの事案は、日中間の外交に係わる大きな案件になっていた。それなのになぜ、船長の釈放を那覇地検の次席検事ごときが発表するのか。検事は法と証拠に基づいて、起訴するか否かを決定するのが仕事ではないのか。これこそまさに政治主導で判断すべき案件であり、法務大臣は伝家の宝刀たる指揮権を発動すべきではなかったのか。大体、検事は司法試験に受かっているが司法ではなく、法務省の一官僚に過ぎない。単なる一行政官に過ぎない次席検事が、国益に関する外交の話を発表すること自体、大問題であり間違いだ。
 中国側は温家宝首相まで出てきて、日本を批判している。それなのになぜ日本は、たかだか次席検事の判断で済ませようとするのか。中国側が強硬な態度に出てきたら腰砕けとなり、へなへなと「はい、ごもっとも。仰る通りです」では、国家主権といった立派な理屈以前の話であり国家の体をもはやなしていない。
 ここ数日の仙石官房長官の記者会見を聞いて、国民は理解し納得しただろうか。今、日本外交はとんでもない袋小路に陥ってる。沖縄普天間問題然り、拉致問題然り、中国然り、ロシア然りである。中・露・北朝鮮と、猛毒国家に囲まれた日本が、このまま生き残っていける保障は全くない。
 何度でも繰り返し、もの申す。 
 完全に日本政府の敗北である。その敗北は、国益を著しく毀損した。また、国際的にも日本外交の大失態を曝した。もちろん、「しつびょう」といった誤読レベルではない。
 中国側は、日本に謝罪と賠償を求めている。国家主権に関わる外交問題を那覇地方検察庁に丸投げした今回の決定は、政治主導と叫んでいる現政権がいかに無責任か、官僚の掌に乗っていることを明らかにした格好だ。くさかんむりのとれた「官」総理とは、よく言ったものだ。
 どこをどう考えても、私には理解できないし、納得がいかない、今回の政府の判断である。何よりも、国民を守る、国家とその領土を守る、主権を守るという責任感と意識の欠如としか、私には見えない。
 いずれにせよ、菅政権は全ての責任を検察当局に押し付け、国民の批判と野党の追及から逃げ廻り続けるだろう。ただし、多くの国民は「菅内閣の責任逃れ」だと知っている以上、この逃げの姿勢が政権を窮地に追い込んでいくだろう。こういった、口先で誤魔化そうとするやり方は、市民運動系政治家の特徴であり、姑息で醜悪極まりない020.gif
 国民は菅政権の「頭隠して尻隠さず」の態度に強い不信感、いや、憤りを覚えている。
 繰り返す。政治権力が国民を騙すことは最悪である。絶対に許されない。この間の経緯については、国会の場で真相と責任が追及されねばならないと考える。

   ゆめ半島・千葉国体2010 総合開会式 PHOTOコレクション 】
 台風一過の快晴に恵まれ9/25、天皇陛下・皇后陛下の御来臨を仰ぎ、千葉マリンスタジアムで 「ゆめ半島・千葉国体2010」 開会式が挙行されました。
f0035232_22211244.jpg
堂々の千葉県選手団入場行進
f0035232_22214630.jpg
選手宣誓
f0035232_22221682.jpg
大会前アトラクション
f0035232_22224434.jpg
幕張メッセと新都心 台風一過の日本晴れ 058.gif
by takinowa | 2010-09-27 22:29


<< 10.09.28(火) 白井市... 10.09.26(日) 印西市... >>