10.08.22(日) 印西市民教養フォーラム 満員御礼

   印西市民教養フォーラム 佐藤 優トークライヴ 満員御礼申し上げます 】
 
 8/21(土)17時からイオンホールで行われた「印西市民教養フォーラム 佐藤優トークライヴ」は、印西市内外から220名の参加者で大成功 038.gif となった。ここに、あらためて感謝・御礼申し上げます。
 第一部は「佐藤優・時局講演会」。沖縄戦と歴史認識、普天間問題、ねじれ国会と菅政権の行方、中国・ロシア・朝鮮半島に関する国際情勢・・・等々、実に興味深い分析と解説を中心に約1時間10分。特に8/19、軽井沢で行われた鳩山研修会のメイン講師を佐藤優が務めたこともあって、朝日新聞や産経新聞、聖教新聞はじめ報道記者の姿も見られた。鳩山前総理と小沢一郎前幹事長に佐藤は近いと目されており、マスコミ関係者の注目を浴びる講演会となったわけである。
 第二部は「滝田敏幸 × 佐藤 優 」の対談。小生が千葉県議会で取り上げた「外国人地方参政権」「夫婦別姓問題」「ジェンダーフリー教育」「政府のCO2 25%削減 国際公約」・・・等々の政治テーマについて、思想的背景も含め議論する。マルクスやエドマンド・バーク、オルテガ、柄谷行人、西部邁・・・等の哲学や思想にも触れながら約40分程、短い時間ではあったが語り尽くしたと思う。途中、佐藤からシビアかつユーモアある突っ込みがあったり、会場が湧く場面もしばしばだった。最後に、参加者と約20分間の質疑応答タイム。「マスコミ論」や「人生論」、「読書論」にも話が及んだ。
 19時半、秋に第3回目のフォーラムの開催を約束し閉会の挨拶。200名を超す聴衆から、大きく温かな拍手 038.gif を頂戴する。 手前味噌になるが、個人的には満足感というか確かな手応えを感じた。3月に行った一回目のフォーラムよりも慣れてきた分、内容的にエンターテイメント性を持てたような気もする。
 20時、駅前のアルカサールへ。イタリアンレストラン・カプリチョーザで佐藤御夫妻を囲み、TEAM・TAKITAスタッフの打ち上げ。目標とした150名をはるかに上回る220名の動員を達成し、みな一様に納得した表情であった。 佐藤からは叱咤激励の言葉をもらい、小生としてもひたすら感謝・恐縮するばかりであった。人生の中で持つべきものは、やはり心友である。損得勘定ではなく、心からの友情を持って交際できる友のいることを幸せに思うものである。 
 次回は10月か11月に、できれば「鈴木宗男 × 佐藤優 + 滝田敏幸」のトークライヴを是非、フォーラムで実現したいと考えている。乞う、御期待!!

 8時半、松山下公園野球場で行われた第6回印旛郡市少年野球大会開会式へ。来賓として参加41チームの選手諸君を激励し、祝辞を述べさせて頂く。
 終日、事務所で仕事。 昨日行われたフォーラムに関するメールが数多く寄せられてきた。御礼や感想についてで、どれもほぼ好意的な内容であった。とても嬉しく思う。
 福岡伸一著「生物と無生物のあいだ」(講談社現代新書・740円)を読む。20世紀の生物学の歴史、とくにDNA構造の発見に関する経緯が実に分かりやすく書かれている。文章も実にいい。
by takinowa | 2010-08-22 23:48


<< 10.08.23(月) 処暑 10.08.21(土) 六軒相... >>