10.04.11(日) 消防団辞令交付式 / 小林鯉のぼり大会掲揚式 / チリ地震義援金を送りました!

 疾風怒濤(シュトルム・ウント・ドランク)の一日が終わった。本日も無事過ごすことができた。

    チリ巨大地震復興支援・街頭募金に御協力ありがとうございました!040.gif

 自民党印西支部青年局は、3/10・千葉ニュータウン中央駅で緊急街頭募金活動を行いました。
 4/9、下記の金額を印西原山郵便局から日本赤十字社を通じ、現地に義援金
〇 3/10・街頭募金          13,199円
〇 自民党印西支部役員カンパほか 30,988円
  合 計                 44,187円 を送らせて頂きました

 ここに、御協力頂きました皆様への報告を兼ねまして、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

     【 HPを更新しました!004.gif

 本日、HP「最新活動報告・ニュース」(2/22、28、3/10、27付)を更新致しました。TP・新着情報からアクセスできますので、是非御覧ください。

 8時、西の原小学校体育館へ。新印西市消防団辞令交付式の予行。本年度より本市消防団は1市2村合併による市域の拡大に伴い、10分団380名から48分団730名へと再編された。印西・印旛・本埜の支団制がしかれ、組織の統合がはかられることとなる。私としても、市消防団最高幹部の一人として責務の重大さを今まで以上に感じるものである。9時、辞令交付式。岩井一郎団長より副支団長の辞令交付を受ける。全く以って一糸乱れぬ素晴しい式典であったと思う。約40分間、直立不動であったため、腰が痛くなった。
 10時、小林駅前広場で行われた第5回小林鯉のぼり大会・掲揚式へ。主催者の小林住みよい街づくりの会・川村文雄会長から御紹介頂き、開会式で祝辞を述べる。式典終了後、大勢の市民とともに数百匹の鯉のぼりを引っ張りあげる。大歓声が挙がり、小生も童心に還り興奮した。(後日、本ブログにPHOTO集をアップしますの御覧ください)
 また、このイベントには多くの市議の先生方も参加されていて、有意義な意見交換の機会があった。一部、紹介する。

 滝田・「お久しぶりです。相変わらずお元気そうですね」
 日本共産党・山田市議・「(政治で)頑張るのもいいけど、家庭も大事にしてね」
 滝田・「(心遣い)ありがとうございます。うちの家内は私より100倍強いから大丈夫です。ジェンダーの観点では、我が家の主導権を握っていますよ」
 山田市議・「ハハハ・・・。まあ、お互いに地域のために頑張りましょう!」
 滝田・「もちろん!イデオロギーは関係ありません。地元のために頑張ることは、自民も共産も一緒ですから」
 山田市議・「お互いに、頑張ろう」
 滝田・「ありがとうございます」
 私の市議時代、山田先生とは非和解的な議論を議場で何回もしたが、組織を抜きにお付き合いすれば人間性の素晴しさは今でも率直に感じる。分かりやすい話で、自民党にもいい人もいれば変な人もいる。人間性の問題では、恐らく共産党でも同じなのであろう。ただし、私は組織としての日共は大嫌いである。

 次に、民主党の某市議との意見交換。
 民主某市議・「(北総鉄道問題に関する)白井市議会の決定をどう思いますか?」
 滝田・「それなりに重く受け止めます」
 民主某市議・「困ったものですね」
 滝田・「(5%値下では納得がいかないという)気持ちは分かりますが、現実的には多くの県民が不利益を被ります」
 民主某市議・「彼らは議会の決定に責任を持ってもらうのは当然です。こういった議決を煽った地元ミニコミ誌にも責任があります」
 滝田・「その通りです。しかし、民間人と政治家は立場が違います。横山白井市長も若井代議士も昨年来、抜本的解決を訴えてきており、白井市議会の決定はそれを受けてのものです」
 民主某市議・「いずれにせよ、印西市議会では(補正予算に関して)原則的な態度を取らなければならないと考えます。」
 滝田・「・・・。それでは、通学定期補助も打ち切りの可能性が高まります。大変なことになります!」
 民主某市議・「予算とは厳粛なものです」
 滝田・「(白井市議会の)民主党系の先生を説得できませんか」
 以下、インテリジェンスにかかわる内容なのでNG。
 民主某市議・「・・・。いずれにせよ、滝田さんにも頑張ってもらわなくてはなりません。それなりのことを、(県議の立場で)言ってもらわなくちゃ」
 滝田・「・・・了解です。責任あることをします。政治は結果責任ですから。もちろん、地域の課題については自民とか民主といった党派は関係ありません!」
 いずれにせよ、大変なことになっている。民主某市議の意見から類推すると、白井市議会では「抜本的解決」という言葉が独り歩きし、その言葉がカルト化しているのであろう。 明日以降、本気の政治活動で事態を動かさねばと思うものである。それにしても、若井代議士はあまりにも無責任だ。

 正午、一旦自宅にもどり昼食。14時、小林台方町内会総会に出席。県政報告を行う。15時、本埜の丸宮食堂へ。消防団の懇親会に出席。山崎市長、出山市議会議長を来賓にお迎えし、印旛・本埜を含め50名以上の消防関係者(職員・団幹部)が集まる。もちろん小生は県議の立場ではなく、一団員として参加。大いに、談じ合う。あらためて、消防人の絆は強く、私の人生の無形財産であると実感するものである。
 21時半頃、ほとんど記憶を失った状態で帰宅。中島みゆきではないが、「胸まで酔っている」状態のままダウン。夜中に起きてブログを書く。習慣とは恐ろしい。 以上、お仕舞い!
by takinowa | 2010-04-12 02:48


<< 10.04.12(月) 鳩山内... 10.04.10(土) 第53... >>