10.02.28(日) 四街道市長選、佐渡 斉・元県議当選! / チリ巨大地震で県内26,200世帯に避難勧告

 南米チリで現地時間27日午前3:34、マグニチュード(M)8.8の巨大地震発生に伴い、気象庁は北海道から沖縄にかけての広い範囲に津波警報を発令した。千葉県では、銚子から外房で1m、内房で2mの津波の到達予想が午前8時過ぎの記者会見で発表された。また14時半時点で、富津市、勝浦市、銚子市、いすみ市、九十九里町、御宿町、大網白里町ほかで約26,200世帯に避難勧告が出された(日本テレビ)。
 夜、四街道市長選に立候補した佐渡斉・前県議選挙事務所へ出向く。自民党同志の水野賢一さん、大野眞県議、西田三十五県議、山本義一県議らと固唾を呑んで結果を待つ。23時過ぎ、当選の吉報038.gifが届く。佐渡さんの支援者らとともに祝勝会で心からの万歳三唱。党派を超えて支援の輪が拡がった結果の大勝利である。
 また、もう一つ注目すべきは同時に行われた四街道市議会補欠選挙である。現職市議の市長選出馬に伴って改選数一議席で争われたが、奥野総一郎代議士の肝煎り(秘書)で立候補した民主党公認候補が大差で落選。このところ地方選挙では相次いで民主候補が敗れており、その流れが明確に表れた形となった。まさに、都市部を抱える四街道市有権者にとって民主党政治の政策や姿勢への不信が如実に現れたと言えよう。
 0時半、四街道を出て印西へ。13時半、帰宅する。040.gif

   【 2月に読んだ本 】
〇 「フランス革命についての省察 Ⅰ」 エドマンド・バーク著 / 水田 洋訳 (中公クラシックス)
〇 「日本国家の真髄 禁書『国体の本義』を読み解く」佐藤 優著 (産経新聞社)
〇 「反貧困 <すべり台>社会からの脱出」 湯浅 誠著 (岩波新書)
〇 「排除の空気に唾を吐け」 雨宮処凛著 (講談社現代新書)
〇 「『金正日』後の北朝鮮」 重村智計著 (三笠書房)

by takinowa | 2010-02-28 17:12


<< 10.03.01(月) 定例県... 10.02.27(土) >>