09.09.30(水) 祝・HPアクセス 80000 突破!

 06年1月開設以来のHPアクセス数が、80000を突破した038.gif。これまで御覧頂いた皆様に、心から御礼申し上げたい。今後も滝田の政治活動をしっかりとお伝えしていくつもりである。
 本日の朝刊、千葉日報一面、読売、東京県版に昨日の「八ッ場議連視察」が大きく取り上げられた。近日中にUPするので是非、御覧頂きたい。
 日本時間本日未明、南太平洋上でM8.0の巨大地震が発生。現時点(20時)で、大津波によりサモアやトンガなどで100名以上の死者が出ているという。まだ、情報が錯綜している。これらの国々は小さな島々で構成されており、被害の状況は今後さらに拡大するものと思われる。また、フィジーも含めラグビーを国技とし、日本とも交流が深い。政府はもちろん、民間でも支援の手を早急に差し伸べなければならない。私としても早速、ラグビー関係者に声をかけ義援金を集めることとする。
 10時半、印西を出て千葉へ向かう。13時、県庁で政務調査、打合せ。14時、千葉を出て印西へ向かう。15時半、事務所にもどり仕事。

    【 9/28・三番瀬 現地調査報告
 ● 東京女子医大八千代・総合周産期母子医療センター 視察
 9時半、県庁を出て八千代市へ向かう。10時半、東京女子医大八千代医療センター着。寺井勝・病院長から概略の説明を受け、施設を見学。同病院は本県に6ヶ所ある周産期母子医療センターの一つで、亀田総合病院とともに総合センターの役割を担っている(総合に対し地域センターは、東邦大学佐倉病院、旭中央病院、君津中央病院、船橋中央病院の4っ)。 MFICU(母胎胎児集中治療室)とNICU(新生児集中治療室)では、最新鋭の設備による高度な医療が行われていた。本県においても、周産期医療提供体制の更なる整備をはからなければならない。実に緊張した視察であった。
 
 ● 東葉高速鉄道 視察
 12時、八千代市緑が丘の東葉高速鉄道㈱本社で研修。コスト削減のため本社屋はガード下にある。小澤慶和・社長から経営状況と今後の課題について説明を伺う。同社は千葉県と八千代市、船橋市がほとんどを出資する第3セクター鉄道。京成勝田台~西船橋間の16.3kmを結び、1996年開業。輸送人員及び運輸収入とも順調に伸びているものの、この会社には3200億円という天文学的な有利子負債が存在する。H28年度まで、県、ニ市、国、東京メトロ、鉄道運輸機構らにより構成される自立支援委員会が、集中支援の取り組みを行っている。いずれにせよ、金利動向がカギである。

 ● 三番瀬 視察
 14時半から、船橋三番瀬海浜公園 → 市川市塩浜1丁目護岸工事予定地 → 同2丁目護岸改修工事現場 → 浦安市・東京湾岸道路企業庁用地 → 浦安市環境学習施設予定地を順次見学。
 この問題は堂本暁子知事が8年前、企業庁による埋立計画の白紙撤回以来、どうしようもない迷走を続けている。もっと言えば、千葉県に対して大損害を与えた大失政であると、本日の視察を通じ改めて感じた。この問題については今後、自民党はもちろん県執行部へもしっかりと私の意見を述べていきたい。また、堂本政治の手法がこの度の民主党政権による「八ッ場ダム」中止と同類であることも、よく理解できた。いずれにせよ、誤った政治は国家・国民はもちろん県や県民にも災厄を齎す。私は断固戦う!
    
    【 9/29・八ッ場ダム 現地調査報告
 8時半、西船橋を出て群馬県長野原町の八ッ場ダムへ向かう。宇野裕県議の運転するオデッセイに同乗させて頂き、ロングドライブとなった。12時半、現着。
 12:40、千葉県議会自民党・八ッ場ダム推進議員連盟(16名)と地元関係者の懇談会。草津町出身で吾妻郡選出の萩原渉県議の説明に続き、長野原町議会・竹内良太郎議長や水没予定家屋に住む地元住民の方々から御話を伺う。途中で我慢できず、思わず涙が出てしまった。
 民主党が行おうとする「八ッ場中止」は、あまりにも理不尽かつ不条理。論理的でないだけでなく、もちろん大義もない。そして、人間味があまりにもない。無駄な公共事業=八ッ場中止をマニフェストに掲げ、総選挙に勝利したことだけが彼らの唯一の拠り所なのだ。恥ずかしいのはよく理解するが、マニフェストに拘り過ぎず、現況を十分に精査し冷静かつ適正な判断をしてもらいたい。誤りを認めず強行突破するようならば、まさに「民主」ではなく独裁政治と言われても仕方がない。また、マスコミにもしっかりしてもらいたい。あまりにも、勉強不足だ。民主党議員の政治資金がキャバクラ遊びに使われていたとか、選挙違反等々のスキャンダル報道ではなく、民主の権力党的な政策決定スタイルや辻褄の合わない理屈を叩くのが使命ではないのか。
 13時半、やんば館で国土交通省八ッ場ダム工事事務所・石田和也事業課長、鈴木雄司事業対策官より進捗状況の説明を受ける。14時半、前原国交相が9/23に視察したのと同じコースで現地調査。私自身、昨年11/17に視察した時点よりも、かなり進捗しているのがよく分かった。同行した取材陣からも、現時点での中止に疑問を呈する声が上がっていた。
 16:20、八ッ場を出て東京へ向かう。19時半、築地で反省会。22時半、県庁経由で地元に帰る。

    【 9月に読んだ本 】
● 「甦る怪物 私のマルクス・ロシア篇」 文藝春秋 佐藤優
● 「自殺について」 岩波文庫 ショーペンハウエル 斎藤信治訳
● 「劇場政治の誤算」 角川書店 加藤紘一 
● 「60年安保闘争」 講談社現代新書 保坂正康
● 「全学連と全共闘」 講談社現代新書 高木正幸

by takinowa | 2009-09-30 20:19


<< 09.10.01(木) 定例県... 09.09.29(火) 八ッ場... >>