09.06.08(月) 実川幸夫代議士・国政報告会

 午前中、事務所。11時半、印西を出て千葉へ向かう。13時、党県連2Fで政策に関する会議。15時、県盛会の勉強会。県の財政状況や行財政改革について。16時、県庁を出てグリンタワーホテル千葉へ。16時半、同ホテルで実川事務所スタッフと打合せ。
 18時、実川幸夫・はばたく21世紀の会(国政報告会)。千名を超える支援者で、会場は超満員。大野眞県議とともに司会の大役を務めさせていただく。地元選出国会議員を代表し森英介・法務大臣が挨拶。続いて、古賀誠・党選対委員長、谷垣禎一・前国土交通大臣、田久保尚俊・県連幹事長らが来賓祝辞を述べた。いよいよ、総選挙近しを感じる。また、谷垣前大臣からは北総鉄道運賃問題に対する実川代議士の取り組みも紹介された。20:15、千葉を出て印西へ。21:50、事務所にもどる。
 時事ネタについてコメントする。
 日本郵政の西川社長再任を巡り、鳩山邦夫総務大臣は続投拒否の意思表明を行っている。麻生内閣としては、大きな火種を抱えた状況だ。しかしながら、かんぽの宿等のあまりに常識ハズレな価格による売却・整理について、鳩山大臣と同じ考えの国民は多いと思う。ここは鳩山大臣にしっかりと筋を通してもらい、国民の目線で最後まで信念を貫いて頂きたいと思う。私は鳩山大臣を断固支持するつもりだ。
 先週、「足利事件」で無期懲役が確定し、服役中だった菅家利和さん(62)を、東京高検が再審開始決定を待たずに釈放すると発表した。DNA鑑定の精度が飛躍的に高まり、このような結果となったという。あまりに恐ろしい話ではないだろうか。捜査段階での取り調べが公正であったかどうか、警察、検察のやり方をしっかりと精査・検証すべきであろう。もし死刑判決が下され、執行されていたら、国家による殺人罪となってしまったところだ。検察の責任は極めて重い。まず、警察も検察も菅家さんに対して謝罪することが第一であり、人の道だ。こうしたことをなくす上でも、取り調べの全面可視化が必要であると、私は考える。
by takinowa | 2009-06-08 23:20


<< 09.06.09(火) 09.06.07(日) 自民党... >>