09.04.29(水) 昭和の日 / 東総(旭市)農畜水産事情視察

 7:50、印西を出て旭市へ向かう。9:20、旭市スポーツの森公園。自民党県議会・畜産振興議員連盟主催の東総地区農・畜・水産事情の現地視察。千葉県東部に位置する旭市は、農業産出額418億円(H19年)。全国第2位の農業生産額4千億円を誇る本県の約10%を占める。市域の耕地面積は何と7200haを超えるという。また全国的に見ても、市町村単位で比較すると野菜、畜産ともベスト10に入る農業王国だ。広大な九十九里平野にのどかな田園風景が広がり、山間部ではキャベツ・ねぎ・にんじん・・・等々の見事な畑の畝が続く。耕作放棄地も少なく、実に美しい農村風景。トマトや胡瓜などハウス栽培も盛んだ。
 10時、参加予定者全員集合。成尾政美・畜産議連会長、大松重和・視察実行委員長はじめ22名の県議及び、県農林水産部職員、自民党県連事務局、地元・旭市農水課職員など総勢50名を超える大視察団(小生が幹事)。大型バスをチャーターし、養鶏、養豚、肉牛、水産加工等の事業所を順次見学。生産者から説明を伺い、現地で意見交換。現場の生の声を、政治に反映させなければならない。私的には、ただただそのスケールの大きさに圧倒された。第1次(農・畜・水)産業先進地・旭市に学ぶべき点は多い。
 13:10、旭・ヒューマンプラザ・黄鶴へ。地元生産者及び行政関係者と意見交換会。小生が司会を務める。そしていよいよ、旭ブランドのマーガレットポーク試食会!豚カツやしゃぶしゃぶ、生姜焼きで頂く。超、美味!! 3/1付ブログにも書いたが、特にロースかつは最高。カラッと揚がった衣とあまりにもジューシーなお肉(肉汁)の絶妙な食感!気は失わないが、言葉を失う。ホントに幸せな気分。そして、地元の皆様とも率直な意見交換ができ、実に有意義であった。14時半、飯島重雄先生の御挨拶で閉会。14:50、大松重和県議宅に若手同志11名が集い、意見交換会。大いに盛り上がる。16:15、旭市を出て印西へ向かう。17時半、印西で米井秘書、小川・本埜村議らと反省会。19:50、帰宅する。
 いずれにしても、明日の朝、体重計に載るのが怖い。あまりに美味くて相当食べ過ぎたようだ。お腹が苦しい。ひょっとして、ダイエット前(120日前)の体重を超えているのではないかという不安。ダイエットと政治活動の両立の困難性を実感。しかし、これも運命。もしそうなら、一からやり直せばよいではないか。人生、大らかに生きたいと思うものである。
  【 視察先概要 】
1.農事組合法人 宮澤農産  養鶏(採卵鶏) 成鶏・30万羽 育成・10万羽
2.(農)昭和畜産         養豚       母豚・550頭 5000頭
3.農事組合法人 椎名牧場  肥育牛経営(F1)   700頭
4.(有)ぼうか水産        鰯・水産加工 
by takinowa | 2009-04-29 20:33


<< 09.04.30(木) 09.04.28(火) >>