09.04.19(日) 印西市消防操法現地訓練

 9時、千葉NT西の原・旧印旛少年院跡地で行われた市消防操法現地訓練会場へ。5月24日に行われる市操法大会、6月下旬の印旛支部大会、7月下旬の県大会に向け長く厳しい訓練の始まりである。期間中ほぼ毎日、平日20~22時、土日9~12時の訓練が行われる。選手・団員の皆さんには、心から敬意を表するものである。
 私も30代前半で操法の選手を2度ほど経験したが、気力・体力的にキツイのはもちろんOBや地元の期待も高く、プレッシャーがかなりあったと記憶している。また、仕事(家業)と消防の両立も大変だった。30歳を過ぎていたので青春という感じは全くなかったものの、まさに無我夢中の毎日。連日連夜、軍隊同様のスパルタ訓練終了後、酒を呑みよく遊んだ。当時、地元の厳島神社祭礼責任者も兼務していたので、少々自慢話(家内には秘密)になり恐縮だが、まだ結婚前であったため女性には相当モテた。そんなことはどうでもいいが、地元での責任を果たすことでそれなりの自信と誇りを感じ、人間関係も良くなっていったと思う。今ふり返ると懐かしい。
 13時、消防団本部会議。14時、木下・上町第1町内会定期総会で県政報告。夕方から消防関係の会合。諸般の事情で、意識が途切れがちになってきたので早めに帰宅する。夜、読書して心の軌道修正をはかる。
 先週、知事選で「完全無所属」を掲げた森田健作知事を、公職選挙法違反として「市民団体」が告発した。正直、「何を今更」といった感がある。まさに悪質な嫌がらせであり、自分たち(=市民団体)の政治的パフォーマンス以外何物でもなく低次元過ぎる。事実関係から整理しよう。森田知事が自民党員であったことは間違いないが、党が公認はもちろん推薦も支持もしていない。また、森田氏から自民党へ公認や推薦依頼なども一切なかった。さらに、党が組織的に森田氏を支援したこともない。誰がどう見ても、どこをどうとっても公選法違反の可能性はゼロ。いずれにせよ、知事選で自民党は自主投票を決めており、共産党や民主党候補を応援しても自由であったのだ。森英介・法相は民主推薦候補を、政策協定まで結んで支援していたくらいである。私は森田氏を応援したが、誰からも指示・命令されたわけではなく、あくまでも自主的に行っただけ。実体のないことを告発するとは、一体全体彼らは何を考えているのだろうか。全く以って笑止千万。
by takinowa | 2009-04-19 22:38


<< 09.04.20(月) 臼井正... 09.04.18(土) >>